トップアスリート発掘・育成事業 第8期生 競技体験プログラム〔4〕「カヌー」

平成29年6月4日(日)
 講師 東京都カヌー協会
 会場 江東区立中学校カヌー部艇庫

 競技体験プログラム第4回は、快晴の中、カヌー(スプリント)競技を体験しました。
 まずは、講師の方から、競技の概要や安全上の注意点についてお話がありました。準備体操を行った後、大学生によるカヌー競技のデモンストレーションを見せていただきました。スピードが速いだけでなく、無駄のない美しい動きに、第8期生は驚いていました。

競技の概要説明の写真

競技の概要や注意点を説明

大学生のデモンストレーションの写真

大学生によるデモンストレーション

その後、陸上で、カヌーの乗り降り方法や、パドルの持ち方、水の捉え方などの基礎を練習し、いよいよ実戦です。
 実際に水上に出た第8期生は、パドルを漕ぐたびに揺れる艇の不安定さやパドルで水を捉える感覚に慣れず、ぎこちない様子でしたが、大学生との鬼ごっこを行うと、みんな必死に大学生から逃げ回り、中には落艇する子も見られました。
 ゲームを通じて、早く漕ぐためのコツを掴み、落艇に対する恐怖心が取り除かれ、第8期生はすっかりカヌーを乗りこなしていました。

カヌーの乗り降りの練習の写真

カヌーの乗り降りの練習

パドル操作と水の捉え方を練習の写真

パドル操作と水の捉え方を練習

大学生と鬼ごっこの写真

大学生と鬼ごっこ

 実技後は、室内で、東京都カヌー協会の方による講話がありました。トップ選手の大会映像を見せていただき、実際の大会の様子や緊張感、パワフルな試合展開、スピード感に、第8期生は圧倒された様子でした。
 トップアスリート発掘・育成事業の修了生からも、カヌー競技の魅力や自身の競技に対する熱い思いをお話しいただき、第8期生は真剣な眼差しで聞き入っていました。

東京都カヌー協会による講話の写真

東京都カヌー協会による講話

カヌー競技とは?
http://www.2020games.metro.tokyo.jp/taikaijyunbi/taikai/syumoku/games-olympics/canoe/index.html

競技体験プログラム〔5〕「ウエイトリフティング」へ