『トップアスリート発掘・育成事業』第5期生育成スタート&アーチェリー体験!

トップアスリート発掘・育成事業 第5期生の育成を開始!

平成26年3月に認定されたトップアスリート発掘・育成事業の第5期生29名に対して「育成プログラム」を4月から開始しました。
育成プログラムとは、アスリートになるために必要な能力や技術を身につけるために実施しているプログラムです。
初回である今回は、スポーツ教育プログラム(1)(2)を実施しました。

平成26年4月19日(土)
◇「スポーツ教育プログラム(1)」
講師:仙台大学 粟木一博 教授
会場:東京辰巳国際水泳場(会議室)

オリエンテーションの様子 実習の様子 総括

今回は、ゲームや課題解決を行うことで「見る」「聴く」といった情報の重要性を認識し、コミュニケーションの取り方・必要性について学びました。

◇「スポーツ教育プログラム(2)」
講師:日本大学 高橋正則 教授
会場:BumB 東京スポーツ文化館(会議室)

講義の様子 スライドショー 発表

世界におけるスポーツを取り巻く状況やオリンピックの歴史、オリンピックのあるべき姿(オリンピズム)等に関する講義を受け、文化・国籍などの差異を超え、フェアプレー精神をもって互いを理解する大切さを認識しました。

平成26年4月20日(日)
◇「競技体験プログラム(アーチェリー競技)」
講師:東京都アーチェリー協会
指導補助:江戸川区アーチェリー協会
会場:江戸川区総合体育館アーチェリー場

「競技体験プログラム」とは、育成プログラムの一環で、今後の競技選択のために、ボート、ボクシング、レスリング、ウエイトリフティング、自転車、カヌー、アーチェリーの7競技を体験するプログラムです。
今回は、「競技体験プログラム(7競技)」の先陣を切って、アーチェリー競技を体験しました。
午前は、競技概要や用具の取り扱いの説明を受け、用具を持たずに基本動作の練習をしました。その後、3m・6mから実射練習を行いました。
午後は、9mから競技形式で個人戦を行いました。運動能力に長けている選手達はコツをつかむのも早く、ターゲット競技の緊張感と面白さを十分味わっていました。

基本動作の説明 基本動作の練習 3mから実射練習
基本動作の説明 基本動作の練習 3mから実射練習
6mに距離を伸ばして実射練習 午後は、9mから個人戦を実施 見事10点的中!!
6mに距離を伸ばして実射練習 午後は、9mから個人戦を実施  見事10点的中!!

育成プログラムを開始したばかりの第5期生ですが、今後、自らの能力・適性を理解し、将来を見据え競技を選択していくことになります。
1年後、技術的にも人間的にも成長した第5期生の姿を楽しみにしていてください!!