ジュニアアスリート第4期生紙屋十磨選手(ウエイトリフティング競技)が 中学新記録樹立!

平成26年3月14日(金)から16日(日)の3日間にわたり、栃木県立県南体育館で、平成25年度JOCジュニアオリンピックカップ・第34回全日本ジュニアウエイトリフティング選手権大会が実施されました。

この大会には第1期生から第4期生までのジュニアアスリート4名が東京都の代表として出場しました。

その中で、第4期生の紙屋十磨選手(中学3年生)が大学生選手や高校生選手と一緒に出場し、男子56kg級のスナッチ競技で73kgを挙げ、中学生の日本記録を見事、更新しました。

紙屋十磨選手  紙屋十磨選手

また、男子94kg級には、第1期生の鈴木健太選手が、女子63kg級には、第3期生の中山榛菜選手と岩田優選手が出場し、健闘しました。

それぞれの試合結果は下表の通りです。

学年 氏名 性別 スナッチ クリーン&ジャーク 合計 順位

第1期生

高3

鈴木 健太

121

147

268

4位

第3期生

高1

中山 榛菜

60

70

130

4位

第3期生

高1

岩田 優

57

65

122

7位

第4期生

中3

紙屋 十磨

73
(中学新)

90

163

7位

第1期生の鈴木選手は今春から大学生へ、第4期生の紙屋選手は今春から高校生になります。また、第3期生の中山選手、岩田選手も新高校2年生として、活躍の場を広げていきます。今後のジュニアアスリートたちの活躍に大いに期待しましょう。