スポーツ祭東京2013でジュニアアスリートが大活躍しました!!

スポーツ祭東京2013でジュニアアスリートが大活躍!

平成25年9月28日(土)から10月8日(火)の11日間にわたり、東京でスポーツ祭東京2013(第68回国民体育大会)が実施されました(会期前競技の水泳、ボートは9月11日(水)から15日(日)まで実施)。

今大会に出場したジュニアアスリートは、第1期生から第3期生まで5競技12名にのぼりました。結果は半数以上の7名が入賞し、東京都選手団の総合優勝に貢献しました。

出場したジュニアアスリートと競技結果は下表の通りです。

No.   学年 選手名 性別 競技 種目 順位
1 2期生 高2 金子 怜生 ボート 舵手付クォドルプル 1位
2 1期生 高3 山本 修平 自転車 チーム・スプリント 1位
4km速度競争 7位
3 1期生 高3 鈴木 健太 ウエイトリフティング 少年男子94kg級 スナッチ2
クリーン&ジャーク2
4 1期生 高3 高橋 かほ ボート ダブルスカル 5位
5 2期生 高2 青木 華弥 ボート ダブルスカル 5位
6 1期生 高3 貞方 優希 ボート 舵手付クォドルプル 5位
7 1期生 高3 丹治 里穂子 アーチェリー 少年女子団体 8位
8 1期生 高3 加藤 里奈 カヌー K-2(200m 9位
9 2期生 高2 久保田 愛夏 カヌー K-2(200m 9位
10 2期生 高2 喜多 彩香 ボート シングルスカル ベスト16
11 2期生 高2 石川 昴 カヌー K-1200m ベスト27
K-1500m) ベスト27
12 3期生 高1 久保 如竹 ボート シングルスカル 出場

○ボート競技
ボート競技は、第1期生から第3期生まで最多の6名のジュニアアスリートが出場しました。そのうち、4名が決勝戦進出という快挙を達成し、上位入賞を果たしました。

ダブルスカル(高橋選手・青木選手)チームワークの取れた安定の漕ぎで、5位入賞を果たしました ダブルスカル(高橋選手・青木選手)
チームワークの取れた安定の漕ぎで、5位入賞を果たしました
舵手付クォドルプル(貞方選手)5人の力を合わせた漕ぎで、5位入賞を決めました 舵手付クォドルプル(貞方選手)
5人の力を合わせた漕ぎで、5位入賞を決めました
シングルスカル(喜多選手)今回、初めての出場となった国体で準決勝まで進出しました シングルスカル(喜多選手)
今回、初めての出場となった国体で準決勝まで進出しました
舵手付クォドルプル(金子選手)力強い漕ぎで決勝進出を果たしました 舵手付クォドルプル(金子選手)
力強い漕ぎで決勝進出を果たしました
シングルスカル(久保選手)高校1年生ながら国体に出場し、惜しくも敗者復活戦で敗退しました シングルスカル(久保選手)
高校1年生ながら国体に出場し、惜しくも敗者復活戦で敗退しました

表彰式での青木選手 表彰式での青木選手

○ウエイトリフティング競技
ウエイトリフティング競技は、少年男子94kg級に第1期生の鈴木選手が出場しました。スナッチ競技は3回の試技を全て成功させ、2位に入賞しました。また、クリーン&ジャーク競技は、ライバルの兵庫県の選手を破り、こちらも2位に入賞しました。

クリーン&ジャーク競技(鈴木選手)140kgを見事成功させました クリーン&ジャーク競技(鈴木選手)
140kgを見事成功させました
表彰式での鈴木選手(写真中央) 表彰式での鈴木選手(写真中央)

○自転車競技
自転車競技は、第1期生の山本選手が男子団体競技でチーム・スプリント、少年男子個人競技で4km速度競争に出場しました。結果は、チーム・スプリントで見事優勝、4km速度競争で7位に入賞しました。

4km速度競争(山本選手、一番左)最後のスパートで、7位入賞を果たしました 4km速度競争(山本選手、一番左)
最後のスパートで、7位入賞を果たしました
表彰式での山本選手(写真中央) 表彰式での山本選手(写真中央)

○アーチェリー競技
アーチェリー競技は、第1期生の丹治選手が少年女子団体の部に出場し、予選を勝ち抜き、決勝リーグに進出しました。決勝リーグ1回戦では、残念ながら広島県に敗れましたが、8位入賞に輝きました。

アーチェリー競技(丹治選手、写真右) アーチェリー競技(丹治選手、写真右) 予選1位の広島県に奮闘しました(写真右が東京チーム) 予選1位の広島県に奮闘しました
(写真右が東京チーム)

○カヌー競技
カヌー競技は、第1期生、第2期生あわせて3名が出場しました。カヤックダブルの200mでは、第1期生の加藤選手・久保田選手が決勝戦の切符をつかんだものの、入賞は果たせませんでした。また、カヤックシングルでは第2期生の石川選手が準決勝へ進出しましたが、惜しくも決勝進出はなりませんでした。

カヤックダブル 200m(加藤選手・久保田選手、写真手前)念願の決勝戦進出を果たしました カヤックダブル 200m
(加藤選手・久保田選手、写真手前)
念願の決勝戦進出を果たしました
カヤックシングル 500m(石川選手、写真手前)僅差で決勝進出を逃しました カヤックシングル 500m
(石川選手、写真手前)
僅差で決勝進出を逃しました
当日は、医・科学サポートチームも会場で選手をサポートしました 当日は、医・科学サポートチームも会場で選手をサポートしました フィードバックの映像を見て、次のレースに備えます フィードバックの映像を見て、次のレースに備えます

出場したジュニアアスリートの皆様、競技団体の関係者の皆様、医・科学サポートチームの皆様、お疲れ様でした。スポーツ祭東京2013を目指して日々の練習を頑張ってきたジュニアアスリート達は、高校入学後に競技転向をして間もないながらも、今大会で多くの成果を出しました。今後、7年後の東京オリンピックに向けて、彼らの活躍に大いに期待しましょう!