都立学校活用促進モデル事業 実施校決定

障害者スポーツの拠点の一つとして、都立特別支援学校5校でモデル事業実施

東京都は、来年度から新たに都立特別支援学校を活用した「都立学校活用促進モデル事業」を実施します。
この度、モデル事業実施校の都立特別支援学校5校を決定しましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1 事業概要

障害のある方や障害者スポーツ競技団体等が、身近な地域でスポーツ活動ができるよう、都内にある特別支援学校の体育施設を、学校教育活動に支障のない平日夜間・土日祝日の時間帯について活用を促進します。
都立特別支援学校を障害者スポーツの拠点の一つと位置付け、児童、生徒・地域住民等が参加できる体験教室や地域交流会等の開催のほか、障害者スポーツ競技団体等の活動の場としていきます。

モデル事業実施校

学校名施設名住所
墨東特別支援学校体育館江東区猿江二丁目16番18号
大塚ろう学校体育館
グラウンド
豊島区巣鴨四丁目20番8号
大泉特別支援学校体育館練馬区大泉学園町九丁目3番1号
府中けやきの森学園体育館
グラウンド
府中市朝日町三丁目14番1号
村山特別支援学校体育館
テニスコート
武蔵村山市学園四丁目8番地
2 モデル事業実施校選定の考え方
  • 地域バランスを考慮
  • 体育施設への動線を考慮 など

※平成28年度都立学校活用促進モデル事業実施校
モデル実施学校の所在地地図

3 主な活用方法
  • 障害者スポーツ競技団体等の活動の場として活用
  • 地域の障害者スポーツ活動の場として活用
  • 障害者スポーツの体験教室や地域交流会等の開催
4 スケジュール
6月~8月
利用団体登録受付
優先団体の確定・ホームページ運用開始
(体験教室等募集開始、施設空き状況の公開)
8月利用団体随時受付開始
9月事業開始

問合せ先

オリンピック・パラリンピック準備局スポーツ推進部調整課
電話:03ー5320ー6806