スポーツ大会・イベント情報

都民体育大会・東京都障害者スポーツ大会合同開会式が開催されました!

都民体育大会・東京都障害者スポーツ大会
合同開会式オープニングイベントを開催!!

 5月12日(日)東京体育館において、第66回都民体育大会及び第14回東京都障害者スポーツ大会合同開会式オープニングイベントを開催しました。
 このイベントは、2つの大会の開会式を合同で開催することにより、障害のある人とない人がお互いのスポーツ競技への理解を深め、交歓できる機会を創出し、今秋のスポーツ祭東京2013(第68回国民体育大会・第13回全国障害者スポーツ大会)に向けて開催気運の盛り上げを図るものです。
 第1部のオープニングアトラクションでは、東京消防庁音楽隊の演奏及びカラーガーズ隊の演技に続き、東京都ラジオ体操連盟によるラジオ体操の実演を行いました

会場風景
会場風景
テツandトモさん、フェアリーズ、ゆりーとの開会宣言でスタート
テツandトモさん、フェアリーズ、
ゆりーとの開会宣言でスタート
東京消防庁音楽隊による演奏
東京消防庁音楽隊による演奏
カラーガーズ隊の演技
カラーガーズ隊の演技
ラジオ体操の実演
ラジオ体操の実演

 第2部の合同開会式では、ロンドンオリンピックフェンシング男子フルーレ団体銀メダリストのの三宅諒選手、日本人初の夏季・冬季パラリンピック金メダリストの土田和歌子選手の開式通告の後、まず東京都障害者スポーツ大会選手団170名と都民体育大会の一部選手団(前回大会優勝の大田区、千代田区、中央区、港区)が並んで一緒に入場、後続の都民体育大会選手団も順番に入場し、両大会合わせて約1,000の選手が堂々と行進を行いました。
 主催者を代表し、細井優東京都スポーツ振興局長の挨拶では、今年は東京都にとってスポーツ祭東京2013(第68回国民体育大会・第13回全国障害者スポーツ大会)の開催と2020年オリンピック・パラリンピック開催都市が決定する重要なスポーツイヤーであり、この合同開会式を起爆剤にスポーツ祭東京2013の成功と2020年オリンピック・パラリンピック招致を勝ち取りたいとの力強い挨拶がありました。また、中村明彦東京都議会議長の来賓祝辞では、両大会の開催は都民のスポーツ活動を支援する有意義な大会であり、日頃の鍛錬の成果を発揮するとともに、スポーツの素晴らしさを観る人にも伝えてくださいとの激励のメッセージをいただきました。
 炬火リレーでは、今年1月に開催された第68回国民体育大会冬季大会において福島県・宮城県・岩手県の選手により採火された「復興祈念の火」より分火したトーチを使用し、選手や子供達がリレーでつなぎ、三宅選手・土田選手も伴走して見守る中、炬火台に復興祈念の火が点火されました。なお、この日の炬火は、東京都障害者スポーツ大会に分灯された後、9月に行われるスポーツ祭東京2013の会場においても、都内をはじめとする各競技開催地で採火された火とともに、国民体育大会の炬火として点火されます。

三宅選手・土田選手の開式通告
三宅選手・土田選手の開式通告
細井優東京都スポーツ振興局長の挨拶
細井優東京都スポーツ振興局長の挨拶
中村明彦東京都議会議長の来賓祝辞
中村明彦東京都議会議長の来賓祝辞
炬火リレーの様子
炬火リレーの様子
両大会代表選手による選手宣誓
両大会代表選手による選手宣誓
参加選手団の様子
参加選手団の様子

 第3部の交歓プログラムでは、ゲストを交えた楽しいイベントを実施しました。
 元NFLチアリーダーで日本人初のチームキャプテンとして活躍した小島智子さん(withオールスターチアリーダー)によるチアダンスの後、三宅選手、土田選手、小島智子さん、お笑いコンビのテツandトモさんによるトークショー、東京都民踊連盟による「ゆりーと音頭」では、会場の皆さんと一緒にゆりーと音頭を踊りました。
 交流バスケ・エキシビジョンマッチでは、都立墨田川高等学校男子バスケットボール部と東京都障害者スポーツ大会に出場する「つばさクラブ東京代表」が対戦しました。10分間の真剣勝負はスピーディーな展開となり白熱した一戦となりました。
 最後のスペシャルライブでは、テツandトモさんによるお笑いライブ、当イベントの応援サポート隊を努めるフェアリーズが歌とダンスで来場者を魅了し、大盛況のうちにオープニングイベントは終了となりました。
今後は、都民体育大会及び東京都障害者スポーツ大会の各種目が都内会場で開催され、熱戦が繰り広げられることになります。

交流バスケットボール
交流バスケットボール
ゆりーと音頭
ゆりーと音頭


<参考>
第66回都民体育大会春季大会
・開催期間:
平成25年5月5日から同年6月22日まで
・競技種目:
陸上競技など区市町村対抗正式競技23種目、ハンドボールなど区市町村対抗公開競技5種目、公開競技1種目(ラジオ体操)
※各競技の日程・会場については別添一覧をご覧ください。

第14回東京都障害者スポーツ大会
・開催期間:
平成25年5月25日から平成26年2月16日まで
・実施競技:
個人競技(陸上など)7競技、団体競技(車椅子バスケットボールなど)7競技、重度障害者競技(ボッチャなど)2競技
※各競技の日程・会場については別添一覧をご覧ください。