スポーツ大会・イベント情報

セイコーゴールデングランプリ陸上2013東京が開催されました!

 平成25年5月5日、国立競技場で「セイコーゴールデングランプリ陸上2013東京」が開催されました。
「ゴールデングランプリ」は、国際陸上競技連盟(IAAF)の陸上競技国際大会であるワールドチャレンジミーティングスの1つです。1年間で世界15都市で開催され、本大会は今年の第3戦に当たります。
 東京都は、この大会を共催するとともに、都民1,000名を観戦招待し、ロンドンオリンピックでも活躍した世界のトップ選手たちの競技を間近で見られる機会を提供しました。

 大会前のサブイベントでは、東京都中学校体育連盟等から推薦された都内の小中高校生チームがリレーを行い、国立競技場に歓声が湧き起こりました。その後のオープニングセレモニーでは、サブイベントに出場した子ど も達と一緒にスポーツ祭東京2013のマスコットキャラクター「ゆりーと」も登場し、会場を盛り上げました。

サブイベント
サブイベント
オープニングセレモニー
オープニングセレモニー

 大会は、男女合わせて17種目が行われ、世界各国から集まったトップ選手たちが熱戦を繰り広げました。男子100mでは、先月、ジュニア世界タイ記録を出した高校生、桐生祥秀選手が初の国際大会で3位と健闘しました。また、男子やり投げでは村上幸史選手が81メートル16で優勝、男子棒高跳では昨年の日本選手権を制した山本聖途選手が優勝するなど、世界のトップ選手を相手に日本人選手が活躍し、大会を盛り上げました。

短距離走の様子

ハードルの様子