スポーツ大会・イベント情報

世界フィギュア国別対抗戦2013が開催されました!

「世界フィギュアスケート国別対抗戦2013」
~トップ選手によるスケート教室等を開催~

 「世界フィギュアスケート国別対抗戦2013」が平成25年4月11日から14日にかけて、国立代々木競技場第一体育館で行われました。本大会は国際スケート連盟(ISU)が主催する国際大会で、今シーズンの国際大会における獲得ポイント上位6ヶ国が、国ごとに男女シングル各2名、ペア1組、アイスダンス1組でチームとなり、団体で順位を競うものです。2014年に開催される、ソチ冬季オリンピックでは、フィギュアスケート団体戦が初めて正式種目となることが決定しています。本大会では、それぞれの国を代表するトップスケーター達による氷上の熱い戦いが繰り広げられました。また、団体戦ならではの各国選手団の応援が会場を盛り上げました。

 東京都はこの大会を共催し、都民観戦事業として開催期間中の2日間で計200組400名の都民の皆さんを招待したほか、都内の小中学生を対象としたバックヤードツアー、東京都ジュニア強化選手等を対象としたトップ選手によるスケート教室を行いました。

 13日に行われたバックヤードツアーでは、公募により選ばれた小中学生が、取材エリアや、選手が演技終了後採点結果を待つ「キス・アンド・クライ」エリアなど、普段は決して見ることのできないスケート大会の裏側を見て回りました。
 ツアー最後の質問コーナーではトリノオリンピック金メダリストの荒川静香さんが登場し、参加者から次々と寄せられる質問に、メダリストならではの視点から、練習する上での注意点などをアドバイスしていただきました。参加者は荒川さんの話に真剣に耳を傾け、メモを取る場面も見られました。

子供達の質問に答える荒川静香さん
子供達の質問に答える荒川静香さん
「キス・アンド・クライ」を体験
「キス・アンド・クライ」を体験

 14日の朝7時から会場のリンクで行われたトップ選手によるスケート教室では、高橋大輔選手、無良崇人選手をはじめ、パトリック・チャン選手(カナダ)ら各国のトップ選手が講師として指導にあたりました。世界最高峰の選手たちと同じリンクに立って最初は少し緊張気味だったジュニア選手たちも、トップ選手たちの丁寧な指導のもと、徐々にいつもの調子を取り戻すと、小さな体で大きなリンクを軽やかに滑り、本格的な技を披露してトップ選手を驚かす場面も見られました。

スケートリンクを滑るジュニア選手達スケートリンクを滑るジュニア選手達

 ジュニア選手達は開放されたスケートリンクで、音楽に合わせ、のびのびとスケーティングを披露していました。

(左から)無良崇人選手、パトリック・チャン選手、高橋大輔選手、ケビン・レイノルズ選手

 世界最高峰の選手達から指導を受ける子供達。会場は終始和やかな雰囲気の中、スケート教室が進行されました。

(左から)無良崇人選手、パトリック・チャン選手、高橋大輔選手、ケビン・レイノルズ選手

 競技の結果は、見事なチームワークを見せた日本チームが銅メダルを獲得し、男子シングルでは高橋大輔選手、女子シングルでは鈴木明子選手がそれぞれ1位を獲得するなど、日本の底力を見せました。最終日に行われたエキシビションではチーム全員による演技で観客を魅了し、4日間にわたる大会の幕を閉じました。