ラグビーワールドカップ2019について

平成27年3月2日(月)、アイルランド・ダブリンにて行われたラグビーワールドカップリミテッド理事会において、東京を含む国内12都市がラグビーワールドカップ2019開催都市となることが決定されました。
東京では、新国立競技場を会場として開幕戦や決勝戦を始めとする熱戦が繰り広げられる予定です。

ラグビーワールドカップ2019開催都市決定に関する知事コメント

3月2日、ラグビーワールドカップ2019の開催都市として東京が選定されました。 これを受けて舛添知事は次のとおりコメントを発表しました。

東京都知事 舛添 要一

このたび、ラグビーワールドカップ2019の開催都市として東京が選ばれたことは大変喜ばしく、光栄なことです。
ラグビーワールドカップは、オリンピック・パラリンピック、サッカーワールドカップと並ぶ世界的な祭典であり、東京は、世界が注目するラグビーワールドカップとオリンピック・パラリンピックを2年連続で開催する世界初の都市となる栄誉を得たことになります。
世界最高峰のラグビー選手達による技と闘志溢れるプレーに間近で接することで、子供から大人に至るまで、都民・国民が興奮や感動を共有することができることと思います。
本大会の東京開催により、2019年から2020年にかけて、かつてない大きなスポーツムーブメントが生まれるとともに、東京が世界に向けてスポーツ都市東京を強力にアピールする絶好の機会にもなります。
また、翌年開催される2020年オリンピック・パラリンピックへ向け、大会運営ノウハウを蓄積できるとともに、経済波及効果や都民のスポーツへの関心の向上など、多くの効果が期待できます。
都は、この2つの大会に向けた取組をさらに加速させ、世界一の都市・東京を実現させるべく、着実に準備を進めていきます。引き続き、皆様のご支援をよろしくお願い致します。

1 ラグビーワールドカップについて

ラグビーのナショナルチーム世界一を決定する大会。
1987年以降4年に1度行われ、2015年大会(第8回大会)はイングランドで開催される。

第1回 1987年 ニュージーランド・オーストラリア共催 優勝国 ニュージーランド
第2回 1991年 イングランド 優勝国 オーストラリア
第3回 1995年 南アフリカ 優勝国 南アフリカ
第4回 1999年 ウェールズ 優勝国 オーストラリア
第5回 2003年 オーストラリア 優勝国 イングランド
第6回 2007年 フランス 優勝国 南アフリカ
第7回 2011年 ニュージーランド 優勝国 ニュージーランド
第8回 2015年 イングランド 優勝国 -
第9回 2019年 日本 優勝国 -

2 2019年日本大会について

主催
ワールドラグビー(World Rugby)
開催時期
2019年9月~10月予定(約7週間)
参加チーム
20チーム
試合形式
総計48試合
(1)予選プール 5チーム×4プール(プール内総当たり戦) 40試合
(2)決勝トーナメント 8試合
試合会場
日本全国12会場
特徴
(1)アジアで初のラグビーワールドカップ
(2)ラグビー伝統国以外で初のワールドカップ
(3)ラグビー(7人制)がオリンピック競技に採用後、最初の大会

3 開催都市一覧

(1)開催都市一覧

開催都市 試合開催会場
札幌市 札幌ドーム
岩手県・釜石市※ 釜石鵜住居復興スタジアム(仮称)
埼玉県・熊谷市※ 熊谷ラグビー場
東京都 新国立競技場
神奈川県・横浜市※ 横浜国際総合競技場
静岡県 小笠山総合運動公園エコパスタジアム
愛知県・豊田市※ 豊田スタジアム
大阪府・東大阪市※ 花園ラグビー場
神戸市 御崎公園球技場
福岡県・福岡市※ 東平尾公園博多の森球技場
熊本県・熊本市※ 熊本県民総合運動公園陸上競技場
大分県 大分スポーツ公園総合競技場

※連名での立候補

(2)東京開催について

新国立競技場(収容人数約80,000人)予定

新国立競技場のイメージ

4 開催都市決定までの流れ

平成26年10月21日 都が開催希望申請書をラグビーワールドカップ2019組織委員会へ提出
平成27年1月23日 開催都市選定プロセスの一環として、ラグビーワールドカップリミテッド及び組織委員会が都を公式視察
(公式視察は、1月10日から23日にかけて、全国の各開催都市立候補地において実施)
平成27年3月2日 開催都市決定

ラグビーワールドカップ2019開催都市への立候補

平成26年10月21日(火)、都は新国立競技場(予定)を会場として開催希望申請書をラグビーワールドカップ2019組織委員会へ提出し、ラグビーワールドカップ2019の開催都市へ立候補しました。

立候補の主な理由
  • ラグビーワールドカップは、オリンピック・パラリンピック、サッカーワールドカップと並ぶ世界的なスポーツの祭典であり、東京での開催は、スポーツ都市東京を世界へアピールするとともに、都民のスポーツへの関心を高める絶好の機会となること。
  • 東京オリンピック・パラリンピックのメインスタジアムである新国立競技場が会場であり、2020年大会に向けて大会運営ノウハウを蓄積できること。
  • ラグビーワールドカップには多くの外国人観光客が来日すると想定されており、東京開催に伴う都内の経済波及効果は約866億円と見込まれること。
  • 東京を起点として、全国の各都市で行われるラグビーワールドカップをPRし、盛り上げることができること

ラグビーワールドカップ2019 PRポスターを掲出

大会開催の気運醸成を図るため、ラグビーワールドカップ2019日本開催の告知ポスターを都内各所に掲示しています。

ポスター掲示風景
都庁前駅
ポスター掲示風景
東京体育館

スポーツイベント等における大会PRの実施

平成26年11月に浅草寺で行われた東京スポーツタウン2014では、ラグビー体験コーナー等においてパンフレット等を配布し、ラグビーワールドカップ2019をPRしました。

体験コーナーの様子
ラグビー体験コーナーの様子

開催都市立候補地の公式視察

平成27年1月23日(金)、ラグビーワールドカップ2019開催都市選定プロセスの一環として、ラグビーワールドカップリミテッド及びラグビーワールドカップ2019組織委員会が都を訪問し、視察を行いました。
都は視察時に実施したプレゼンテーションにおいて、東京開催により世界が注目するラグビーワールドカップとオリンピック・パラリンピックを2年連続で開催する世界で初めての都市となること、都市としての東京の魅力、翌年開催のオリンピック・パラリンピックとの相乗効果、東京におけるラグビーの実績など、開催のメリットを強くアピールしました(日本スポーツ振興センターも新国立競技場についてのプレゼンテーションを実施しました。)。

プレゼンテーションの風景

検討する委員の写真

2019 All For Japan Team無料会員募集中!

(公財)日本ラグビーフットボール協会