大会アンバサダー

  • twitter
  • facebook

バドミントン

卓球

過去の大会情報

大会アンバサダー応援メッセージ

バドミントン:藤井 瑞希(ふじい みずき)

  • バドミントン:藤井瑞希(ふじいみずき)
  • 【応援メッセージ】

    皆さん、ようこそ日本へ、ようこそ東京へ。

    そしてようこそ「2015ジュニアスポーツアジア交流大会」へいらっしゃいました!

    今大会のアンバサダーとして参加させて頂きます、藤井瑞希です。

    私はロンドンオリンピックで銀メダルを獲得した後、日本を離れ、ドイツリーグに参戦しています。私にとって初めての海外生活となりましたが、その中で最初にぶつかったのが、言葉の壁。

    それでも、私はバドミントンを通して、ドイツの人たちと触れ合うことで次第に心を通わせ、いつの間にか仲良くなり、笑顔で会話をできるようになっているという体験をしました。

    アジア各国の人たちが集結するこの大会。ぜひ、バドミントンを通して、
    一人でも多くの人たちと交流し、仲良くなり、お互いの文化を理解し、これからの人生を豊かにするための財産を持って帰って欲しいと思っています。

    私も皆さんと同様、積極的に交流を深めていきたいと思います!

    それでは、5日間と短い日程ですが、皆さんよろしくお願いします。

  • 【プロフィール】

    青森山田高校時代の2006年インターハイで団体、シングルス、ダブルスと25年ぶりの女子3冠を達成。2012年ロンドンオリンピック日本代表選手に選出され、ダブルスで銀メダルを獲得。2014年、ドイツブンデスリーガのルーディンハウゼンと契約した。

卓球:藤井 寛子(ふじい ひろこ)

  • 卓球:藤井寛子(ふじいひろこ)
  • 【応援メッセージ】

    「2015ジュニアスポーツアジア交流大会」へご参加くださいました選手、役員の皆様、ようこそ東京へいらっしゃいました。心より歓迎申し上げます。

    将来世界で活躍するであろう各都市のジュニア選手の皆さんにまたお会いできることをとても楽しみにしていました。

    各都市を代表する選手の皆さんが持てる力を発揮し、力と力を思いきりぶつけ合って競技力を高めていただきたいと思います。そして、試合が終わればお互いの親睦を深めていただきたいと思います。

    私自身も、ジュニア時代に交流してきた海外の選手とは選手時代はお互い切磋琢磨し、競技以外では友人として仲良くしてもらい、私にとってもとても大きな財産となりました。また今でも交流は続いています。今回参加された選手の皆さんにも是非この交流大会を通して友情の輪を広げ、今後の人生の糧としていただけたら嬉しく思います。

    そして東京オリンピックでこの交流大会の参加者の皆さんと再会することができたらこれ以上の喜びはないと思います。この大会を更なるステップアップの機会にしていただけることを期待致します。

    最後になりましたが、この大会を開催するにあたりご尽力いただき、また昨年に引き続き、私を大会アンバサダーとして参加させていただけましたことを関係各位の皆様に深く感謝すると共に、この大会の成功をご祈念申し上げます。

  • 【プロフィール】

    全日本卓球選手権ダブルスで4連覇を達成し、全日本卓球選手権シングルスで2位を3度。さらに世界選手権団体08年、10年、銅メダルを獲得。世界選手権ダブルス11年、13年でベスト8に入る実績を持つ。