平成30年度グローバル指導者育成事業の実施及び
スケート(フィギュア)について

事業の実施について

東京都では、東京2020大会をはじめとする国際大会に向けた選手の競技力向上に資するため、トップアスリート育成実績のある国際的な指導者を海外等から招へいし、指導のノウハウや技術の習得などの実技講習等を行い、指導者の資質の向上を図る「グローバル指導者育成事業」を下記のとおり実施いたしますので、お知らせします。

実施競技・種目 実施時期
スケート フィギュア 7月21日(土)~22日(日)、
23日(月)~24日(火)
ショートトラック 8月以降
ヨット 10月以降
クレー射撃 11月以降
山岳 11月以降
ボート 平成31年2月以降

【昨年度の実施の様子】

画像:アラン・ウィリアムズ氏
アラン・ウィリアムズ氏(イギリス)
オリンピックメダリストを多数輩出(ジュニア指導中心)

画像:アレクサンドル・ブリガン氏
アレクサンドル・ブリガン氏(ルーマニア)
イスラエルハンドボール協会 ゴールキーパーコーチ

○強豪国等の監督やコーチから最新の指導方法について、実践や講義形式を通じて競技指導者の技術等を充実させていく内容です。

スケート競技(フィギュア)について

スケート競技(フィギュア)を下記のとおり実施します。

1.開催概要

【スケート競技(フィギュア)】

(1)日時

平成30年7月21日(土)から22日(日)まで、
平成30年7月23日(月)から24日(火)まで

(2)場所

帝産ロッヂ、帝産アイススケート・トレーニングセンター
(長野県南佐久郡南牧村野辺山1003)

(3)指導者

マッシモ・スカリ氏(イタリア)

(4)受講者数

東京都スケート連盟所属の指導者等25名程度

(5)当日(23日)の流れ

13時30分 参加者受付開始
14時00分~16時30分 実践演習

2.指導者について

マッシモ・スカリ氏(イタリア)

【主な経歴】
2002年ソルトレイクシティ、2006年トリノ、2010年バンクーバー冬季オリンピックイタリア代表。2009年、2010年ヨーロッパフィギュアスケート選手権2位。
2011年引退後はコーチ業も務めながら、プログラム振付師として活躍

「2020年に向けた実行プラン」事業

本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「ダイバーシティ 政策の柱8 誰もがスポーツに親しめる社会」

【お問合せ先】

  • グローバル指導者育成事業に関すること
    オリンピック・パラリンピック準備局スポーツ推進部事業推進課
    電話:03-5320-7715(都庁内線:38-237)
  • スケート競技の実施内容に関すること
    東京都スケート連盟
    電話:042‐465-1222