「クリスマススポーツチャレンジ」

『イベントの開催にあたり、荒川区からイベントの紹介のコメントをいただきました。』

「毎年キャンセル待ち多発の大人気イベント!5種目のスポーツに挑戦し、メダルを手に入れろ!」をテーマに、荒川区内在住・在学の小学生(募集150名)を対象とした「クリスマス スポーツチャレンジ」を、12月16日(日)に荒川総合スポーツセンターで開催します。

このイベントは、小学生にスポーツの楽しさを伝えるとともに、子どもの体力向上を図ることを目的として、平成26年から実施してきました。今年は名称を「クリスマス スポーツチャレンジ」と変更し、競技種目をリニューアルすることで、さらに内容を充実させたものを企画しています。

今回は「的当てボッチャ」、「ミニテニスボール運び」、「シッティング玉入れ」、「ドッヂビー遠投」、「なわとび」の5種目のスポーツの合計ポイントを競います。学年別に3位以上の選手には、表彰状とメダルを贈呈します。

どの競技種目もそれぞれの特性があり、ニュースポーツやパラスポーツが主なので、誰でも優勝を狙うことができるところが見どころです。参加者からは、「運動会のかけっこでは活躍できなかったけど、このイベントでは優勝して金メダルをもらえて嬉しかった。」との声もありました。

荒川区スポーツ推進委員会では、日頃からニュースポーツ等の普及に取り組んでおり、年に3回スポーツイベント・大会を開催しています。これまでにミニテニス、ビーチボール、キンボールスポーツやドッヂビーを荒川区内で普及させてきました。

これからも、多くの人が気軽に楽しく参加できるイベントを企画・運営し、荒川区内にとどまらず、東京都全体に健康の増進やスポーツの推進が波及していくよう取り組んでいきます。今後も荒川区スポーツ推進委員会の活動にご注目ください。

昨年度の様子

画像:キンボール転がし
キンボール転がし

画像:レクリエーション吹き矢
レクリエーション吹き矢

画像:参加者の集合写真
参加者の集合写真

わが町のスポーツ推進委員インタビューコーナー

今回は、荒川区スポーツ推進委員 伊藤 康之さん(スポーツ推進委員歴11年)に、スポーツ推進委員の活動や「クリスマス スポーツチャレンジ」について、色々なお話を伺いました。

伊藤さん、よろしくお願いします!
はじめに、伊藤さんはどうしてスポーツ推進委員になられたのか、きっかけなどを教えてください。

アイコン:ゆりーと

アイコン:回答者

元々少年野球のコーチをしていた関係からスポーツ推進委員の存在を知りました。昔からスポーツは何でも大好きなので、野球だけでなく幅広くスポーツの推進に携わりたいと思い始めました。

普段、スポーツ推進委員としてどのような活動をされているのですか?

アイコン:ゆりーと

アイコン:回答者

週に2回程「スポーツひろば」で夜間に小中学校の体育施設を開放し、様々なスポーツの指導や用具貸出し等の管理を行ったり、年に3回我々が主催となってスポーツ大会・イベントを実施し、主にニュースポーツの普及に取り組んでいます。
また地区委員会や町会主催のイベントやお祭りにも協力をして、皆さんにスポーツの楽しさを伝えています。

伊藤さんがスポーツ推進委員の活動をされている中で感じた、スポーツ推進委員の魅力ややりがいはどのようなことですか?

アイコン:ゆりーと

アイコン:回答者

あらゆる分野でのスポーツ経験がある方々と同じ目標に向かって活動するとともに、学び合うことができることです。
そして区民の皆さんにスポーツの楽しさを実感していただいたときがなによりの喜びです。

「クリスマス スポーツチャレンジ」の開催にあたり、力を入れていることや工夫されていること、スポーツ推進委員としてどのように関わっているのかを教えてください。

アイコン:ゆりーと

アイコン:回答者

今回のイベントは、子供たちがニュースポーツやパラスポーツに興味を持ってもらうことに一番力を入れています。今年は競技種目をリニューアルして、より参加者の皆さまが楽しめるよう約2か月間会議を重ね企画しています。

最後に都民の皆さんに向けてメッセージをお願いします!

アイコン:ゆりーと

アイコン:回答者

2020年にはオリンピック・パラリンピックが東京都で開催されます。
これを機にスポーツを身近に感じ、一緒にスポーツで汗を流しましょう!

伊藤さん、ありがとうございました!!

アイコン:ゆりーと