リオ2016パラリンピック競技大会日本代表の上山選手が表敬訪問!

平成28年7月27日(水)、リオ2016パラリンピック競技大会に出場するアーチェリー日本代表の上山 友裕選手(三菱電機株式会社)が塩見オリンピック・パラリンピック準備局長を表敬訪問しました。

上山選手は2012年ジャパンパラアーチェリー競技大会で優勝し、2013年全国身体障がい者アーチェリー選手権も制し、日本の頂点に。
2014年にはトップアスリートの就職支援制度「アスナビ」を利用し、現在所属する三菱電機株式会社に転職。競技に集中できる環境を得ました。
今年6月のリオ大会世界最終予選で3位に入賞し、リオ大会の出場権を獲得!

塩見局長は、「長旅の疲労や日本との気温の違いなど大変かと思いますが、メダル獲得に向けて頑張ってください。ご活躍を期待しております!」と激励しました。

上山選手は、「少しでも良い色のメダルを持ち帰り、また皆様の前でご挨拶できるよう頑張りますので、応援よろしくお願いいたします!」とリオ大会に向けた意気込みを語り、準備局職員から盛大な拍手で送りだされました。

塩見局長と上山選手が握手している写真
右:塩見局長 左:上山選手
上山選手の写真
オリ・パラ準備局職員の前で抱負を述べる上山選手